こんなに切りやすいステーキがあったのか、さすが佐賀牛

一般のステーキとの違いは、厚みと切りやすさ

市販のステーキを購入して焼いて食べたら、ゴム肉だった・・・。中々噛んでもちぎれない・・・。そういった経験ないでしょうか?確かに歯ごたえは堪能できるけど、味が一向に感じられない・・・そういった経験もあることでしょう。厳選された佐賀牛だからこそ、そんな心配は全くなく、むしろ食べたときの感動しか覚えません。

この焼き加減が非常に難しい!

ステーキの難しさは焼き加減にあり。中山牧場の佐賀牛赤身ステーキは、両面にしっかりと焼き目が付いたころ合いが一番ベストです。その時の断面は、ほのかな赤身が残る形になりますが、中まであたたかく美味しい!と言える逸品になります。

中山牧場のこだわり

佐賀牛では牛を育てるところから、最後の解体、出荷、販売に至るまで、個別の担当が存在します。原則、色々な専門家がここに関わってくることになりますが、中山牧場の佐賀牛は”地域の専門家チーム”を結成することにより、最初から最後まで一連の流れを管理しています。誰が、どうやってしているか分からない・・・そんなことは無いのです。その安心感を提供することが、中山牧場の佐賀牛のこだわりなのです。今回の赤身ステーキは、さらに真空包装による小分けがされているため、”ちょうどいい量”で”いつ食べても良い”代物になっています。

 

商品概要

 

名称 佐賀牛赤身ステーキ
発送方法 冷凍
内容量 販売元参照
原材料
アレルギー
賞味期限
保存方法 冷凍庫保管
発送時期 通年
会社名 中山牧場
場所 佐賀県玄海町

♦購入はこちらから

♦ふるさと納税はこちらから

関連記事

  1. 赤色をいくか、ピンク色をいくか、滑らかな口当たりと滑らかな触感

  2. ふるさと納税佐賀牛特集

    焼肉処華松の佐賀牛特上カルビ

  3. ザ・和テイストティースプーン

  4. ふみちゃんの手作り味噌といわれる星野味噌

  5. 子供だからこそ漆食器を使ってほしい、それは抗菌作用があるから

  6. きめ細やかなサシが入ったスライスはまるで赤色の衣のよう