みやき町役場の生ホップを使った地ビール「みやき燦燦」(クラフトビール)

佐賀県初!町役場で作られた香り高きホップ、そのまま使用

みやき町役場でホップの苗を植え付けている様子

※役場の壁面を利用した苗の植え付け作業

佐賀県みやき町、その庁舎や関連施設の壁面を利用して、ビールの原材料にとっては欠かせないホップを作りました。そのホップは町の役場の職員や地元の方々の日々のお世話から、みるみると成長し、瑞々しく薫り高いホップの実を付けます。ホップ自体の香りも物凄くよく、それがビールとなることでさらに役場ホップが際立ちます。

ホップの苗を植えてから数週間後の成長の姿

※植えてから数週間たったホップの苗

相次ぐ豪雨災害と台風被害を経て

ホップを収穫している様子

※収穫の時、ツルは巻き付いて大量のホップが出来上がりました

その中に地場で作られた天然のホップが入ることで、みやき町の地ビールは完成しました。みやき町の地ビール「みやき燦燦(みやきさんさん)」はその名前の通り、燦燦と照る、九州佐賀県のみやき町で燦燦と降り注ぐ太陽の恵みを集め、毎日毎日手入れを怠らないようにしていきました。しかし、その成長の過程では2019年の夏に起きた佐賀県一帯に影響を及ぼした豪雨災害と台風被害によって、順調に成長していたホップの木も約半分が、その実をつけることが出来なくなります。そんな中でも生き残った、しぶとい、そして元気に成長したホップが、この地ビールの中には入っています。

ラガー本来の味、キレと爽やかな苦み

みやき燦燦全体

ラガーは世界中で親しまれており、その爽やかさと喉を通る時のキレが特徴です。さらにサプリメントで有名なDHC社との共同開発により、ラガーはみやき町のホップを際立たせていくことになります。地ビールというと、全国で様々なビールが展開されています。その中でも、本当に美味しく、そして役場の人たちがここまで丁寧に育てたホップを使ったものは無いはずです。ぜひ、一度試していただき、町のパワーとその美味しさを楽しんでみてください。

商品概要

 

名称 みやき町地ビール みやき燦燦(みやきさんさん)
発送方法 常温
内容量 500ml(1本当たり)
原材料 麦芽、みやき町産ホップ、みやき町産大麦
アレルギー
賞味期限 ラベルに記載
保存方法 到着後、冷暗所にて保管
発送時期 通年
会社名 一般社団法人ふるさと振興協会
場所 佐賀県みやき町

■近日中に販売予定!■

   

関連記事

  1. 佐賀牛×霜降り×ステーキ=中山牧場

  2. 北の大地の甘い成分を凝縮したタルト、北ると

  3. 超辛口であり、火入れの一杯、天吹酒造渾身の作品

  4. 汁あり担々麺は極上のゴマの風味とまろやかさを口にもたらす

  5. 天からの恵みが吹く、天吹酒造の純米大吟醸

  6. しょうがが入って、やっぱりご飯に最高でしょうが!