次世代住宅ポイントで特産品(九州)の工芸品を手に入れる

「家を新築したからインテリアも新しくしたい」「高級感のある家具が欲しい」「おもてなしに使える食器類が欲しい」などのお悩みを持つ方もいらっしゃることでしょう。九州には誇れる工芸品が多数あり、ふぁみたねなら次世代住宅ポイントで交換することができます。高級感と落ち着きを兼ね備えた工芸品をお求めでしたら、ぜひふぁみたねをご利用ください。

次世代住宅ポイントでもらえる九州の特産品~工芸品、陶磁器編~

鮮やかな色の有田焼

次世代住宅ポイントでは、九州の工芸品である陶磁器との交換も可能です。佐賀県産の陶磁器が多く、皿や湯飲みの他にひな人形や馬の置物、花瓶もあります。有田焼、伊万里焼、波佐見焼の伝統工芸は、今も愛され大切にされています。

次世代住宅ポイントでもらえる九州特産品「有田焼」

有田焼は全国的に有名な工芸品なので、ご存知の方も多いことでしょう。ふぁみたねでも有田焼をご用意しております。急須や湯飲みなど実用的なものも多数あり、重厚感と雰囲気のある陶磁器です。おもてなしに、有田焼の食器は活躍することでしょう。

次世代住宅ポイントでもらえる九州特産品「波佐見焼」

波佐見焼は、長崎県波佐見町で生まれた陶磁器の一つです。光沢のある白をベースに、ボーダー柄や格子柄などを施した和モダンなテイストの食器もあれば、豪華に花柄を散らした華やかなテイストのものもあります。幅広い世代の方々に親しまれている食器です。また、シンプルで飽きのこないデザインのものが多いので、インテリアや日常的な食器としてもお使いいただけます。

次世代住宅ポイントでもらえる九州の特産品~工芸品、家具編~

木材で作られたテーブル

九州は民芸家具の生産が盛んです。つくし工芸という九州の民芸家具は、建築家・伊藤安兵衛のデザインをもとに、オーダー家具を手掛けてきました。手作業で桜無垢材、欅(けやき)材を使用した高級家具を作り上げていくその技術は、まさに九州の特産品としてふさわしいものです。

しかし、九州の工芸品と言えば、福岡県大川市の大川家具というブランドを抜きにしては語れません。

大川家具の始まりは室町時代、榎津久米之介が船大工の経験を活かして指物を始めたことにまでさかのぼります。彼の死後、家臣たちは工商として生活して、その精神を受け継いでいきました。

江戸時代後期には田之上嘉作が、箱ものと言われるものを入れる箱の造り方を修得して榎津に帰り、これが榎津箱ものの始まりであると言われています。

明治10年ころには、大川家具独特のデザインである榎津箪笥が生まれます。杉・桐・欅を使った、大型の高級な家具でした。その後、町村合併によって大川町が生まれ、家具の町として有名になってゆきます。

現在では、テレビ台やちゃぶ台、ダイニングテーブルなど、様々な商品が生み出されています。その中でも、次世代住宅ポイントで交換できる九州特産品を扱うふぁみたねがおすすめするのは、オーダーが入ってから製作に入るローテーブルです。ウォールナット、ホワイトオーク、ブラックチェリーの3種類から木材を選ぶことができますので、新居の雰囲気に合わせてお選びください。

次世代住宅ポイントで九州の工芸品に親しもう

九州の特産品である工芸品は、高級感あふれる品質重視のものでした。有田焼も波佐見焼も、それぞれの特徴がありながらも、渋みやモダンな雰囲気を演出してくれます。

また、九州は家具でも有名です。500年の歴史の中で、匠の思いが脈々と受け継がれています。

九州の特産品を中心に次世代住宅ポイントと交換できる商品を多数取り扱っているふぁみたねは、食品だけでなく工芸品もご用意していますので、ぜひご利用ください。ポイント交換の前にまずは会社について知りたいという方は、こちらをご覧ください。

次世代住宅ポイントで特産品をゲットするならふぁみたねへ

サイト名 ふぁみたね / Fami-tane
会社名 株式会社フルーム / FRUME Co., Ltd.
住所 〒849-0111 佐賀県三養基郡みやき町白壁2713-79-101
代表者 代表取締役 椙村 一弘 / Kazuhiro Sugimura
設立 2018年10月
資本金 2,000,000円
事業内容
  • インターネット販売支援
  • 起業に係る導入支援
  • コーポレートサイト・通販サイトなどのHP作成支援
  • 経理に係るコスト削減支援
  • ふるさと納税に関するコンサルティング・運営業務
URL https://familyseeds.net/