もったいない精神が作った干し野菜

乾燥野菜ならではのお手軽感

乾燥野菜は、すでに切ってある、洗ってあるためスープやみそ汁の具材に入れることで本当に簡単に今晩の夕飯を作ることが出来ます。入れて「間違った!」ということは無く、どの料理に合わせても美味しくいただけることでしょう。乾燥野菜ならではのお手軽感を味わってください。

 

捨てられるはずだった地域の野菜たち、それが見事に生産物になり替わる

福岡県八女市、星野村。ここには農産加工施設「星の里」があります。本来、規格外の野菜になったり、家庭で余ってしまった野菜は、そのまま道端に放置され、捨てられるだけの運命をたどってしまうのですが、それがこの星の里にくれば、新しく皆様へのご家庭へと届けることができる乾燥野菜に生まれ変わるのです。

かわいいパッケージと考え抜かれた組み合わせ

この、ほしのほしやさい。加工施設の星の里で同様に作られている、手作り味噌と一緒に合わせるのがBESTです。みそ汁自体もダシいらずで作れるので、お湯に味噌と、ほしのほしやさいを入れることで簡単に美味しく、そして混ざりものの無い、無添加のおいしいお味噌汁を頂くことが出来ます。

 

商品概要

 

名称 ほしのほしやさい
発送方法 常温
内容量 なす(20g)、

ごぼう、人参、椎茸(合計16g)、

南瓜、玉ねぎ、なす(合計32g)

原材料 なす、ごぼう、人参、

椎茸、南瓜、玉ねぎ

アレルギー
賞味期限
保存方法 冷暗所保管
発送時期 通年
会社名 星野村農産品加工施設利用組合
場所 福岡県八女市

   

関連記事

  1. 蔵出しめんたい、美味しいのは分かってる、お酒に合うのも分かってる

  2. これ1本でトマトパスタ!バジルは既に入っているので、風味は既に豊かです

  3. 仏壇の擦り漆の業を日用品に応用する、擦り漆食器

  4. 宙に浮くように見えるペン立て、アクリル製でしっかり!

  5. 漆塗り職人が手掛ける一番使う食器

  6. えごま既に炒ってます。秩父郡小鹿野町で生まれたなんにでも合うえごま