漆塗職人が作る擦り漆深丸皿

深いお皿だからこそ何でもあう

深丸皿。読んで字のごとく、底が深い丸皿となっており、何でも使えるという事で評判です。例えばスープ。浅い皿よりも簡単に持ち運ぶことが出来ます。次に、肉じゃがなどの煮込みもの。肉じゃがに入る、いんげんの緑がさらに見た目を豊かにすることでしょう。

重厚感のイメージから、持ったときの軽やかさに圧倒される

料理を盛りつけた後でも、その前でも間違いなく驚くのが、その器の軽さです。配膳するときも、この器の重さなら多少多くお盆で持って行っても、重すぎてこぼすと言ったことも無いでしょう。さらに器のヘリの部分が大きく開けているため、盛り付けも簡単にできるところも特徴です。

10回程度の漆の擦り込みによる滑らかさとツヤ

あとは、圧倒的なツヤと表面の滑らかさです。手に持った瞬間に、一瞬で”いいモノ”を判断できることでしょう。それもそのはず。10回程度漆を擦り込みし、職人が滑らかになるまで手作業で行っているからこそです。ぜひ、触って、滑らかさを体験し、持って、軽さを体験し、そして最後に、口に触れることで、漆の抗菌作用を体感していただけると幸いです。

 

商品概要

 

名称 天然木擦り漆食器(深丸皿)
発送方法 常温
内容量 1個
原材料 天然木、漆
直径18cm×高さ4.5cm
アレルギー
賞味期限
保存方法
発送時期 通年
会社名 いけまつ
場所 佐賀県みやき町

購入はこちらから・・・
ふるさと納税はこちらから・・・

関連記事

  1. 国産バナナと輸入バナナとの違い、種類・栄養、本当に皮ごと食べられる?

  2. 雫の名がふさわしい、フルーツをふんだんに使った雫屋のお酢

  3. もち麦の本当の効果はβ-グルガンにあり。もち麦のプロ、大塚米穀店

  4. オリーブ茶の魅力とは?どんな味、効能や効果は?

  5. 皮がもちもち、厚めの皮で包まれた餃子は龍チャイナの証

  6. 優しく、優れた、優乳で作る牛乳あまざけ、あまざけでカルシウムもとれる日が来るなんて!

グリーン住宅ポイントおススメコラム