雫の名がふさわしい、フルーツをふんだんに使った雫屋のお酢

フルーツの種類は様々、健康志向の人は必ずおススメ

お酢というと最近様々な種類のお酢が出ていますよね。雫屋のお酢は一味違うんです。
まず、種類。

リンゴ、甘夏、みかん、桑の実、レモン、びわ、ベリー、晩柑、しそ、きんかん・・・

数えるときりがありません。そんなバリエーションが出来るのも、雫屋がここまで培ってきた農家さんとのネットワークのたまものです。

もちろん国産フルーツを利用

九州で生まれた雫屋は、国産フルーツにこだわってお酢を作っています。
様々なフルーツの香りをふたを開けたときに体験することが出来ます。
農家さんと直接交渉を行い、材料をこだわったからこそ、より良い逸品となることが可能なのです。

さらには無農薬のものだけを使用!

さらには、国産というこだわりだけではなく、無農薬であることという点までこだわりがあります。
自然の中で生み出され、最後に人の手だけが加えられる。
これだけ、安心感のある加工品も最近は珍しいのではないでしょうか?

 

 

成分表示

 

名称 清涼飲料水(希釈タイプ)
原材料名 穀物酢

(米、アルコール、酒粕、食塩)

各種フルーツ

グラニュー糖

内容量 200ml
賞味期限 ラベル右下に記載
保存方法 冷暗所で保存
製造者 株式会社ブルー・プラネット

購入はこちらから・・・
寄附はこちらから・・・

関連記事

  1. たけしたさんちのフローズンあまおうがもたらす可能性

  2. 三種のおつまみ魚缶詰、ご飯と一番合うのは?

  3. アイスとジェラートの食べ比べ、たけしたさんちのあまおうがアイスになったその時

  4. 仏壇の擦り漆の業を日用品に応用する、擦り漆食器

  5. デニッシュパンが非常食、防災食に!?

  6. 九州の大隅半島、うなぎ最大の生産地、そしてうなぎの刺身

グリーン住宅ポイントおススメコラム