汁なし担々麺はラー油の辛さがキリっと来る大人の味

必ずまぜて食べるべし

ラー油や肉みそを麺と絡めるために必ず交ぜてから食べましょう。色合いが綺麗なのでそのまま崩したくないのは分かります。しかし、それでは一向に食べることが出来ません。ぜひ、肉が絡み合うまで綺麗に混ぜて食べる準備をお願いします。そこから、熱い熱い物語が始まっていきます。

混ぜ合わさったら、一気に口に入れ込むべし

混ぜ合わさったら、小さくチョロっと食べるのは勿体ない。この龍チャイナの汁なし担々麺は、一気にがっと大きく麺をすくい、食べてこそ美味しさが100%伝わります。ちょっとラー油でむせた場合は、それ以降注意してください。口で麺を噛みしめていけばいくほど、肉の味やラー油の味が口いっぱいに広がっていきます。

タオルかティッシュは横に準備すべし

必ずといっていいほど汗をかきます。そのため、額から汗がこぼれて、服やお皿を汚してしまっては勿体ない!そのため事前準備として必ず横に水、ティッシュ、タオル、時にはビールを用意して、体を冷やすようにできるように準備しておくことをお勧めします。あっという間のひとときで食す時間は終わってしまいますが、辛みは余韻として長く続くことでしょう。

 

商品概要

 

名称 汁なし担々麺
発送方法 冷蔵
内容量 販売元参照
原材料 販売元参照
アレルギー 卵、乳、小麦、落花生、大豆
賞味期限
保存方法 冷蔵庫保管
発送時期 通年
会社名 龍チャイナ
場所 佐賀県みやき町

♦購入はこちらから

♦ふるさと納税はこちらから

関連記事

  1. 【華やか編】ご家庭の中にワンポイントの草木を

  2. あぁ、何と贅沢な佐賀尽くし!小麦も海苔も佐賀県産の海苔だれうどん

  3. “さがほのか”とは?さがほのかの特徴、味は?産地、旬の時期って? “さがほのか”の入手方法は?

  4. ガーリックオイル オリーブオイルとニンニクの異色タッグ!

  5. 九州の大隅半島、うなぎ最大の生産地、そしてうなぎの刺身

  6. 3プリン、想いのプリン、時間が経つと味が変わるプリン

グリーン住宅ポイントおススメコラム


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function Smush\Core\Parser\str_contains() in /home/ksugimura513/familyseeds.net/public_html/wp-content/plugins/wp-smushit/core/parser/class-parser.php:373 Stack trace: #0 /home/ksugimura513/familyseeds.net/public_html/wp-content/plugins/wp-smushit/core/parser/class-parser.php(358): Smush\Core\Parser\Parser->sanitize_value('property') #1 /home/ksugimura513/familyseeds.net/public_html/wp-content/plugins/wp-smushit/core/parser/class-parser.php(157): Smush\Core\Parser\Parser->is_safe('property') #2 /home/ksugimura513/familyseeds.net/public_html/wp-content/plugins/wp-smushit/core/parser/class-parser.php(120): Smush\Core\Parser\Parser->get_element_attributes('<meta property=...', 'https://familys...') #3 /home/ksugimura513/familyseeds.net/public_html/wp-content/plugins/wp-smushit/core/parser/class-page-parser.php(35): Smush\Core\Parser\Parser->get_elements_with_image_attributes('<!DOCTYPE html>...', 'https://familys...') #4 /home/ksugimura513/familyseeds.net/public_html/wp-content/ in /home/ksugimura513/familyseeds.net/public_html/wp-content/plugins/wp-smushit/core/parser/class-parser.php on line 373