三種のおつまみ魚缶詰、ご飯と一番合うのは?

三種とも甲乙つけがたいのだが、あえて言うと

ご飯に一番合うのは、宮崎マヒマヒフレークだ。理由は、マヒマヒという高級魚がさらりとしたオイルに入っており、ご飯に乗せて食べた瞬間に、マヒマヒの食感とオイルの滑らかさ、そしてご飯のボリュームを一気に楽しめることが出来るからだ。それも簡単に缶詰で食べられるところが非常にうれしい。高級魚となると料亭、レストランでしか食べられない!といったことは無いのだ。

切干ぶり大根は、予想通り安定の美味しさ

切干ぶり大根は、高価なぶりをそのまま使い、濃いタレに浸って味がしっかりとしみ込んでいる。濃いタレだからこそ、ごはんにもよく合う。ごはんの最後に切干ぶり大根のタレを全てかけて、かきこんだら、それは至福の時を味わえることだろう。県立宮崎海洋高等学校との共同開発商品となり、研究に研究を重ねた逸品になっている。

カツオのドライカレーは、ご飯だけでなく、つまみにも

カツオのドライカレーは、ただのドライカレーではなくカツオ本来のエキスがしっかり出た一品になっている。ごはんにも間違いなく合うが、個人的な感想としてはビールのつまみが一番よさそうだ。ドライカレーだから、ごはんが無くてもそのままいける。色々と他にも料理の調味料としてなど、様々な使い方が出来る。こちらも、県立宮崎海洋高等学校との共同研究による開発となっている。

 

商品概要

 

名称 みやざき3種魚缶詰セット
発送方法 常温
内容量 ・「宮崎マヒマヒフレーク」1缶90g
・「切干ぶり大根」1缶100g
・「カツオのドライカレー」1缶90g
原材料 ・宮崎マヒマヒフレーク (缶詰)

シイラ(国産)、綿実油、食塩(日本)

・切干ぶり大根 (缶詰)

切干大根(宮崎県産)、ぶり(国産、養殖)、

醤油(こいくち、たまり)、砂糖(三温糖)、

米発酵調味料、黒糖蜜、食塩、本味醂、

清酒、蛋白加水分解物、

かつおエキス/増粘剤(加工デンプン、

キサンタン)、

調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、

セルロース、

ベニコウジ色素、甘味料(スクラロース)、

・カツオのドライカレー

オニオンソテー、カツオ(国産)、

にんじん、チャツネ、カレールウ、

魚醤、カレー粉、

黒にんにくペースト、しょうが、

カイエンペッパーパウダー、

クミン、オールスパイス/酸味料、

着色料(カラメル色素)、香料、

調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物

アレルギー ・切干ぶり大根 (缶詰)
小麦、大豆
・カツオのドライカレー
小麦・大豆
賞味期限 商品に記載
保存方法 冷暗所保管
発送時期 通年
会社名 株式会社器
場所 宮崎県宮崎市

   

関連記事

  1. 佐賀牛モモ切り落とし、その破壊力

  2. 【華やか編】ご家庭の中にワンポイントの草木を

  3. ふみちゃんの手作り味噌といわれる星野味噌

  4. 汁あり担々麺は極上のゴマの風味とまろやかさを口にもたらす

  5. イチゴのアイスクリームクレープ。薄皮のクレープがまた良い!

  6. 佐賀牛バラ切り落としのアレンジのしやすさ