三種のおつまみ魚缶詰、ご飯と一番合うのは?

三種とも甲乙つけがたいのだが、あえて言うと

ご飯に一番合うのは、宮崎マヒマヒフレークだ。理由は、マヒマヒという高級魚がさらりとしたオイルに入っており、ご飯に乗せて食べた瞬間に、マヒマヒの食感とオイルの滑らかさ、そしてご飯のボリュームを一気に楽しめることが出来るからだ。それも簡単に缶詰で食べられるところが非常にうれしい。高級魚となると料亭、レストランでしか食べられない!といったことは無いのだ。

切干ぶり大根は、予想通り安定の美味しさ

切干ぶり大根は、高価なぶりをそのまま使い、濃いタレに浸って味がしっかりとしみ込んでいる。濃いタレだからこそ、ごはんにもよく合う。ごはんの最後に切干ぶり大根のタレを全てかけて、かきこんだら、それは至福の時を味わえることだろう。県立宮崎海洋高等学校との共同開発商品となり、研究に研究を重ねた逸品になっている。

カツオのドライカレーは、ご飯だけでなく、つまみにも

カツオのドライカレーは、ただのドライカレーではなくカツオ本来のエキスがしっかり出た一品になっている。ごはんにも間違いなく合うが、個人的な感想としてはビールのつまみが一番よさそうだ。ドライカレーだから、ごはんが無くてもそのままいける。色々と他にも料理の調味料としてなど、様々な使い方が出来る。こちらも、県立宮崎海洋高等学校との共同研究による開発となっている。

 

商品概要

 

名称 みやざき3種魚缶詰セット
発送方法 常温
内容量 ・「宮崎マヒマヒフレーク」1缶90g
・「切干ぶり大根」1缶100g
・「カツオのドライカレー」1缶90g
原材料 ・宮崎マヒマヒフレーク (缶詰)

シイラ(国産)、綿実油、食塩(日本)

・切干ぶり大根 (缶詰)

切干大根(宮崎県産)、ぶり(国産、養殖)、

醤油(こいくち、たまり)、砂糖(三温糖)、

米発酵調味料、黒糖蜜、食塩、本味醂、

清酒、蛋白加水分解物、

かつおエキス/増粘剤(加工デンプン、

キサンタン)、

調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、

セルロース、

ベニコウジ色素、甘味料(スクラロース)、

・カツオのドライカレー

オニオンソテー、カツオ(国産)、

にんじん、チャツネ、カレールウ、

魚醤、カレー粉、

黒にんにくペースト、しょうが、

カイエンペッパーパウダー、

クミン、オールスパイス/酸味料、

着色料(カラメル色素)、香料、

調味料(アミノ酸等)、香辛料抽出物

アレルギー ・切干ぶり大根 (缶詰)
小麦、大豆
・カツオのドライカレー
小麦・大豆
賞味期限 商品に記載
保存方法 冷暗所保管
発送時期 通年
会社名 株式会社器
場所 宮崎県宮崎市

   

関連記事

  1. 蔵出しめんたい、美味しいのは分かってる、お酒に合うのも分かってる

  2. 粒がはっきり出ているお米、それが境町のお米

  3. 花酵母を使った日本酒、清酒酵母の種類からランキングまでご紹介

  4. 「光吹」光が吹く。大阪大学の学生とサントリーが共同開発したウィスキー

  5. 耕作放棄地イノシシ被害を防ぎたい!そこから始まる、九州の希少蕎麦”東尾そば”

  6. 年間たった7リットルしかとれない希少価値が高い茶の実オイル

グリーン住宅ポイントおススメコラム